メニューへ移動する


トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> 日記 都市伝説を追え >> 【都市伝説】くしゃみは噂をされている証拠?

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記 都市伝説を追え

【都市伝説】くしゃみは噂をされている証拠?


先ほど、趣味のフットサルから帰ってきたのですが、
どうやら風邪を引いたようで、くしゃみが止まりません。

そんな訳で、昨日の日記に関連して、都市伝説シリーズです。
「くしゃみは噂をされている証拠?」について調べてみました。

『くしゃみは噂をされている証拠?』

くしゃみに対するリアクションは、その人の出身地によって違うらしい。

【日本における、地域によっての違い】
 ・1回ほめられ、2回けなされ、3回叱られ、4回風邪引く(東京)
 ・1回ほめられ、2回そしられ、3回笑われ(兵庫)
 ・1回ほめられ、2回嫌われ、3回惚れられ、4回風邪っぴき(鹿児島)
 ・誰かに噂されてる(神奈川)

【海外におけるくしゃみ事情】
 ・アメリカでは、くしゃみをすると「God bless you!」と言う。
  「神のご加護があるように」と言う意味で、悪いものが体に
  入ると考えられているため

 ・フランスでは、「希望(夢)が叶いますように」と言う。
  流れ星を見た時に願い事をするような感覚らしい

 ・オーストラリアでは、「お大事に」という意味をこめて、
  「健康!」と言う

 ・オランダでは「3回すると明日は晴れる」との言い伝えがあり、
  2回だと周りから「あと1回!」と掛け声がかかる

 ・中国では、何度もくしゃみをした人に
  「誰かがあなたのことを想ってる」と言う。日本に近いですね。

 ・韓国では、「アナタガチュキダカラー」と言う。(嘘です、ごめんよ)

【医者の見解】
 ・くしゃみは身体に要らないものを、鼻息で排除するための防御機能。
  唐突にいつでも起こりうるもので、かつ、出そうと思ってもでない。
  そんな自分の意思を超えた予想不能な部分に、神秘性が付加され、
  不思議な意味合いがついたのかもしれません

 ・あの独特な変な声が出るところに、よそで誰かが口にした言葉が
  憑依しているような、意味つけがされたのかも


なるほど。もっともらしい意見です。

くしゃみ伝説は謎が多いですが、
日々のコミニケーションの一つとして、楽しみたいですね。

それでは今日はこのへんで。くしゃみが5回出たので、大人しく寝ます。

【関連日記】
【都市伝説】本屋に行くとトイレに行きたくなる?
スポンサーサイト

テーマ  都市伝説を追え << 学問・文化・芸術

タグ  都市伝説 トリビア くしゃみは噂されてる証拠? 



コメント

かなり地域差があるようです。
まあ4回以上は風邪みたいですが・・・
  • 2007年01月14日(日) 14:24:48
  • はっち #PELhkilA
  • URL
  • 編集
  • Top

ほぉ。私が知っているのは、
『1回褒められ、2回憎まれ、3回惚れられ』です。
何人かの友人もこう言ってます。

風邪ひいたようですね。
お大事に。
  • 2007年01月14日(日) 07:46:19
  • pryoncess #pQpZY72.
  • URL
  • 編集
  • Top

コメントをお寄せください

 ※管理者のみ読めます


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://egoidentity.blog82.fc2.com/tb.php/69-718b6da8
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

-

管理人の承認後に表示されます  >> もっと読む
  • 2013年12月21日(土) 10:29:26
  • Top

-

管理人の承認後に表示されます  >> もっと読む
  • 2013年11月29日(金) 18:57:05
  • Top

-

管理人の承認後に表示されます  >> もっと読む
  • 2013年11月01日(金) 03:03:06
  • Top

トップページ >> ご案内

ご案内

はっち

好き : お笑い、スポーツ全般
嫌い : 納豆、ハッキリしないこと
得意 : 妄想アフレコ、人間観察
苦手 : 日記を書くこと
愛読書 : バガボンド、風の大地

mixi始めましたよ。【こちら→】

当ブログはリンクフリーです。
コメントやトラックバック、
メールもお気軽にどうぞ!

メールフォームは 【こちら→】



ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。